読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほつた@はてな

ほつたが技術的な事や個人的な出来事を中心に投稿します。

AWS Summit Tokyo 2015で日本Seleniumユーザーコミュニティ展示ブースのお手伝いをして来ました。(1日目)

テクノロジー

6/3、6/4に大学の近くで行われたAWS Summit Tokyo 2015に行き日本Seleniumユーザーコミュニティのお手伝いをしてきました。

www.awssummit.tokyo

天下のAmazonさんが毎年やっているサミットで今年はなんと来場者数1万人を突破したようです。
そんなAwsSummitに出展しませんかと日本Seleniumユーザーコミュニティに有り難いお声が掛かったわけです。

www.selenium.jp

(おそらくこの奇跡的な事がなければ毎年自分の通っている大学の近所でやっているAwsSummitというものについて知る事も無かったかと思います。)
コミュニティにお手伝いをしませんかというお声にSelenium歴1年も無い自分が本当にお手伝い出来るのかと戸惑いながらも勇気を絞って名乗り出ました。
人手が不足している事もあり、あっさりokを頂いた時はとにかく嬉しかったです。
そして、手ぶらでお手伝いに行くのはあれなのでデモ動画の作成に協力しましたが…
 
 
SeleniumBuilderで記録を取り、サクッと少し修正をしたのですがはっきり言って悲惨でしたね(笑)
酷い見本で笑いのネタとなったので良かったかもしれません。

初日(1日目)

http://i.imgur.com/RCqFiEs.jpg

とりあえず昼と定期試験が始まる前に2時間くらい空白がありましたので
AwsSummitの会場に向かいましたが会場に入る直前までは本当にAwsSummitやってるのかこれという感じでした。

http://i.imgur.com/N5Ya4Nh.jpg

http://i.imgur.com/O4jia9L.jpg

 slackにて「階段で地下1階(でやっているので)降りてきて」
ブースという言葉を頼りに何処でやってるか分からず係員に聞いた上で3階の企業向けブースまで行ってしまったり…
ああやっぱり地下一階かと地下一階へ降りたら駐車場で(´・ω・`)
slackで簡単に来れますよっとご指示を頂いたので行こうとしたのですが厳重警備で受付をしてからーなどで苦戦しました。
結果的にslackで助けを求めて無事日本Seleniumユーザーコミュニティの展示ブースへ行く事が出来ました。

http://i.imgur.com/UXr28P2.jpg

展示ブースへ入ってみると一転AWSと関係あるのかという感じのブースで広がっていました(^_^;)
隣のブースはAWSに全く関係ないオキュラスリフトのデモ体験コーナーに…
展示ブースが埋まらないので何とかして埋めた感じでしたがそれで幸い日本Seleniumユーザーコミュニティのブースを出させて頂いて、更になんと日本Seleniumユーザーコミュニティの場所が直ぐ入って右手前と良すぎたのですからAmazonさんには合わせる顔がありません。

http://i.imgur.com/F8k4gnG.jpg

お弁当を頂いてお手伝い開始。

http://i.imgur.com/w7n04hn.jpg

http://i.imgur.com/SsAA3OB.jpg

  
ブースに近寄り興味を示して頂いた方に「Seleniumについてご存知ですか?」などと声をかけて語り合うスタンスです。
ちなみにSeleniumについてではない事でも熱く話しあい数十分にわたって話し合いをしたことも。
 
Seleniumは知っているがコミュニティの存在は知らなかった」という方が結構いたので、
コミュニティの認知度向上に、参加してよかったなと思いました。
 17時20分に展示ブース近く飛天会場で行われていたDevConが終わり一斉に展示ブースに人が流れてきてピークタイムへ。
ビール効果もあってか沢山の方がSeleniumコミュニティブースに来て頂きました。
なんと近くでビール缶やジュースが振る舞われ展示ブース一時大賑わいになりました。
 気付いた時にはお隣さんなどはもうブースには居なくて飛天会場のDevelopers Nightへ行ってしまっていたようだったので慌てて片づけて飛天会場へ。
 
 そして飛天会場のDevelopers Nightではなんと豪華なビッフェが振る舞われました。
 
 
IoTハッカソンの表彰がありその後にスマホフレーフレーゲームがありました。

http://i.imgur.com/a5Oxpwy.jpg

 
 
自分はRubyを応援し1位になりました。
景品がポスターと聞こえたので行ってみたらフォローをすればもらえるコースターで非常に残念でしたが楽しくて充実した一日を過ごすことができました。
 
2日目に続く・・・