読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほつた@はてな

ほつたが技術的な事や個人的な出来事を中心に投稿します。

railsに目覚めた(かも)~nitrousio.ioで開発する~①

久々に更新。

先週は先端コンテンツ技術展に行ったり、狐OSハッカソンに参加したりとイベント尽くしでいつもとは違ういい経験体験ができて幸せだったけど何か違うと自分の心の中で思っていた。

そう思って勉強会のアンテナを伸ばして(勉強会検索サイトを駆使して検索して)見つけたのがこれ。

mokumoku-rb.connpass.com

水曜日の夜に何か良いハッカソンないかなってICTRAT*1で調べてたら見つけた。

Rails自体ICTRATで先輩に環境構築まで教えてもらったものの中々自分で何かしようとは思えずそのまま・・・。

win環境で構築しても敷居が非常に高くて結局サービスを作って公開するという道筋を描けなかった。

Ruby,Ruby on Railsを初めて触る方へ(※事前にやってほしいこと)】

RubyRailsの環境構築 URL→Ruby on Rails環境構築まとめ(mac・Windows)

 

 まあまた敷居が高い環境構築するかと思ったら

nitrous.ioを使いましょう!

nitrous.ioはクラウドIDEに分類され、クラウド上の仮想マシンで、ブラウザから動作するIDEを使いソフトウェア開発ができる便利なサービスです。しかも無料で使える!

 

mocchan.me

素晴らしい方法を見つけてしまった。

無料でWeb上で開発ができるなんてびっくりだ。

ということでもくもく会前に開発をサクッとしてみることにした。

 

nitrous.ioに登録。

いくつかの紹介サイトを見ながら取り組むものの途中つい最近UIが大きく変わってしまったらしくよく分からない。

まずLiteプランが無くなったらしい。

そしてProに全移行したものの無料プランが存在する模様。

よくわからないまま登録して無料プランを選択、Railsを選択してWORKSPACESを作る。

(途中SMS認証があるので何とかする。)

その次にNew ContainerとなっているところをクリックしてContainerを作成。(ここもRailsを選択。

作れたらOpen IDEをポチっ。

開発環境がこれで整う。

nitrous.ioでの開発の仕方は次回。

*1:東海大学高輪キャンパスで行われているサークルみたいな活動